ページトップへ アイテックスメディカル
アイテックスメディカルロゴマーク



必要とされている全ての医療機器がここに

アイテックスメディカル株式会社では、お客様の必要としている医療機器・機械のすべての取扱を行っておりますので、ご検討されてる場合は一度、当社にご相談ください。

コンピュータ断層撮影装置

  Revolution EVO(プレミアムシリーズ)
人を問わず、時を問わず、如何なる状況下に於いても「画質、スピード、カバレージ」そのすべてを極限まで追求し確度の高い診断を根底から支えるために生まれた渾身の作品。
マルチスライスCTの進歩は撮影速度の高速が主となって進歩してきましたが、画像基本分解能は10年以上進歩が無く、また造影剤と石灰化などCT値が同じものは画像で分離できない、あるいはアーチュファクト、ノイズなどの低減が不十分など多くの課題が残っています。


  Optima CT660 Advance(パフォーマンスシリーズ)
速やかで的確な診断。ストレスの無い、より安全な検査。効率的で経済性の高い運用。 高度な臨床応用はもとより、CTを取り巻く全ての方々の要求に確かに応えること。 これが、臨床に求められるCTの真の姿。いま渾身の日本性能が発進します。
Advanced Patient Care 多様化する撮影方法によって増加するX線被ばくを高次元の低被ばく技術によって抑えます。 高度な臨床情報を最小限の被ばくで提供することを目指します。 AiNR 逐次近似法応用画像再構成法 3次元データからエッジを強調しつつノイズを軽減する逐次近似法応用による画像再構法です。 最大20%ノイズリダクション(SD改善)又は36%被ばく低減を実現します(自社比)。

超音波診断装置

  GE VscanExtend
響きあう、プライマリ・ケア「人・地域・医療」をつなぎ、ケアの未来を膨らませる「Vscan Extend 」
・軽量・コンパクトで手のひらに収まる軽量441gを実現
・全画面タッチスクリーンで戸惑うことなく直観操作を実現
・スピード起動最速1秒(待機時間10分以内)
・Dual Probe:1つのプローブで全身にアクセス
・One Hand Operation:片手でシンプルに調整&計測


  LOGIQ(コンソールタイプ)
より高度な機能を、より機動的に、もっと幅広い領域へ。 新たにOLEDモニターとXDclearプローブの搭載で画質にこだわり進化しました
正確性、安全性、効率性、そしてリアルタイム性を向上させた、(※LOGIQ E9) 従来の診断装置の“常識”を超えて、超音波診断の可能性を広げました。 低侵襲でより正確に診断や治療効果判定、フォローアップが行える、Volume Navigation機能。 検査時間を短縮し、検査を標準化するScan Assistant 機能。 無理な姿勢をとらなくても検査に集中できる、フローティングキーボードやフレキシブルな大型モニターなど、すべての機能やシステムデザインは、超音波診断を必要とする人の「使いやすさ」をイメージして開発しました。 さらにシングルクリスタルをコンベックスプローブに採用したXDclearプローブを新たに搭載。 分解能とペネトレーションの両立を実現しました。


  LOGIQ(ノートタイプ)
知り尽くした実績から。新生ポータブル。
選ばれ続ける理由を「初めて」のあなたにも。 まず初めての1台として、あるいは、専門領域にも的確に応える1台として、日々の診療を支えます。
2プローブポート
卓上でプローブを2本同時接続ができます。(オプション) プローブ差し替えの手間なく、移動検診や在宅等、 さまざまな医療現場での活用が期待できます。


  Vivid
Vivid E9の4D心エコーまで、いままでの技術の限界、常識を超え、ルーチン検査の新しいスタンダードを生み出します。
得られるすべての情報を、ハートチームの成果に 限られたデータからは、限られたイメージや情報しか得られない。 だからこそ、より多くのデータを画質や表現力へと変えるため、Big Dataの発想を、超音波イメージングに持ち込みました。 ハートチームの全てのメンバーが最高域の能力を発揮するためにBig Data Imagingという新たな概念を構築した「Vividシリーズ」。 フラッグシップは、いよいよ次のステージへと踏み込みました。


  Vivid i/q
スモール・ハイエンド超音波の世界を拓く妥協の無い高画質と最先端機能、ソフトウェアの搭載をこのサイズに実現しました。
全く新しいカテゴリーの超音波診断装置が誕生します。 ポータブルやコンパクトと呼ぶのではなく、スモール・ハイエンド超音波の世界を拓くVivid は、妥協の無い高画質と最先端機能、ソフトウェアの搭載をこのサイズに実現しました。 必要とされるあらゆる場所で、高品位の循環器超音波診断をVivid i/qで。


  VOLUSON
産婦人科向けプレミアム超音波診断装置 Voluson Eシリーズの最上位機種、3D/4D超音波診断装置の最高峰。
産婦人科向けプレミアム超音波診断装置 Voluson Eシリーズの最上位機種が、さらにパワーアップし、新バージョンとなりました。 “Volusonはいかにして、Volusonを超えたのか?” 革新的なプローブ技術とエンジンにより、次なる進化を遂げました。従来*のイノベーションを超え、今また新しいイノベーションへ。次のスタンダードがここから始まろうとしています。 *Voluson E8 BT13と比較


  VscanDual
Vscan ベストセラー ポケット超音波
Vscan Dual Probe には、本体(デュアルブローブを含む)、DP用ドッキングステーション、AC/DCアダプター、バッテリーパック、4GBmicroSDカード、USBケーブル、DP本体用ソフトケース、Vscangatewayソフトウェア(インストールCD)、取扱説明書がセットになっています。メーカー3年間保証付きです。


  Probe
各種プローブ



内視鏡

  LASEREO 7000システム
レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ) 7000システム」。
レーザー制御技術をさらに進化させることで、粘膜表層の血管や構造の観察に適したBLI機能を使用して中景・遠景を観察する際の観察画像の明るさを向上させました。視認性を高めることで、より精細な観察をサポートします。
また、これまでに提供しているすべてのLASEREO用スコープに対応しています。
・BLI機能を用いた観察時の視認性が向上
・ユーザビリティを追求
・外部メモリーへの記録が可能
・カスタマイズ可能なマルチボタン機能の搭載


  LASEREO
レーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」。 当社が長年培ってきたレーザー制御技術と、独自の画像処理技術を組み合わせることで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、がんなどの病変部の視認性向上を実現しました。
・「2つのレーザー光」という発想
・BLI(Blue LASER Imaging)画像
・発光強度で切り替えられる観察タイプ
・従来光源より省エネで、長寿命を実現


  AdvanciaHD
FUJIFILMが写真やグラフィックの分野で培った先進の画像処理技術を結集したフラッグシップモデル「AdvanciaHD」。 2つの動画を同時に比較できる「デュアルモード」をはじめ、これまで見たかった画質を提供するための多彩な機能を搭載しました。
・画像診断の新しいスタンダード、デュアルモード搭載
・より精度の高い診断を支える画像技術
・高画質へのこだわりが生んだ多彩な機能


  Justia
日常の検査を一段とスムーズに、より効率的にサポートするシンプル操作&コンパクトボディの光源一体型システムプロセッサーEPX-3010とダブルコネクタ採用のEPX-3200。 3000シリーズスコープが捉える鮮明画像を忠実に再現します。
・使いやすくカスタマイズ可能なマルチスイッチ機能
・静止画像表示中に常に動画像が確認できるP in P(Picture in Picture)機能
・簡単にランプ交換が可能
・必要な受診者データをキーボードから簡単入力
・万が一のネットワークトラブルにも安心。バックアップモードを装備
・ダブルコネクタ採用(EPX-3200のみ)
・高速電子シャッター
・シーンに合わせた測光方式が選べるアイリスモード切替



画像診断ワークステーション

  C@RNACORE
実績NO.1(*1)のFUJIFILMならではの多彩なツールと使いやすさ
経時差分画像処理機能を搭載!!(オプション)
骨粗鬆症のスクリーニング検査に最適 骨塩測定機能 C@RNACORE+DIP
さまざまなクリニックで選ばれた安心の実績
*1 デジタル画像診断システムにおいて


  CR
X線画像をディジタル化する為の優れた画質性能を持ち、オープンネットワークにおける入力デバイスとして標準のDICOMをサポートしたダイレクトデジタイザーです。



一般X線撮影装置

   RADspeed Pro
使いやすさに定評のあるX線撮影システムに、即時性に優れた新開発のDRシステムを搭載。FPDは半切サイズの着脱型と、17×17インチ大視野サイズの組み込み型をラインナップ。高感度タイプのFPDもご用意しており、一層の被ばく低減が実現できます。


   CUREVISTA
やさしいカーブで構成されたオフセットアームとオフセットテーブルを併用することで、テーブルの両側や被検者の頭側にスペースを確保できます。
日立が誇る画像処理技術「FAiCE-V NEXT STAGE1」が診たい画像をリアルタイムで提供します。
第5世代にバージョンアップしたFPDパネル。広いダイナミックレンジを確保すると共にデータ読み出しノイズを徹底的に抑制することで、さらなる高画質化を実現しました。



その他製品

   心電計    電気メス    モニター
   麻酔器    顕微鏡    医療器具・その他